パソコンのウィルスやセキュリティ対策について

怪しいサイトには近寄らない

パソコン最大のセキュリティ対策、それは怪しいサイトには近寄らないことです。

ここでいう怪しいサイトとは、アダルト系サイトや(メーカー非公認の)音楽などをダウンロードするサイトのことですが、この手のサイトに近寄ると、ウィルスなど有害なものをパソコンに仕込まれる確率が飛躍的に上がります。

なので、パソコンの安全を重視するなら、この手の怪しいサイトは徹底して避けるようにしましょう。

ある程度パソコンに詳しいなら、セキュリティ対策は無料ソフトで事足ります

あまり知られていませんが、無料セキュリティソフトも有料セキュリティソフトも、ウイルス探知など、基本的なセキュリティの質は変わりません。

もちろん、無料セキュリティソフトには(ファイアウォールがないなど)守備範囲が狭い、素人には使いづらいという欠点がありますが、そこさえ工夫すれば、例えばウイルス検知のAviraとファイアウォールのCOMODOを組み合わせるなどして弱点を補強すれば、セキュリティ対策は無料ソフトで事足ります。

なので、ある程度PC知識があるなら、これらの無料ソフトを組みわせてセキュリティを構築してみるといいでしょう。

質のいい有料ソフトには未知のウィルスに強いという特徴があります

既に出回っている、既知のウィルスに対する対応能力は、無料のセキュリティソフトも有料のセキュリティソフトも大した違いはありません。

しかし、まだ出回っていない、未知のウイルスに対する対応速度は、ノートンなど質のいい有料ソフトの方がはるかに強いです。

なぜなら、これらの有料ソフトには、パソコンの挙動をリアルタイムで監視したり、ヒューリスティック分析という特別な分析法を使うことで、まだ知られていないウイルスを発見する能力があるからです。

この手の能力は有料ソフトの独壇場なので、未知のウイルスに対する警戒をしたいなら、有料ソフトを使ったほうがいいでしょう。

セキュリティ対策のまとめ

セキュリティ対策で重要なこと、それは怪しいサイトに近付かないことと、きちんとしたセキュリティソフトを導入することです。

パソコン知識が豊富なら無料ソフトだけでセキュリティを構築してもいいですが、そうでないなら、素直に有料の(それもノートンなど世界的にメジャーな)セキュリティソフトを導入するといいでしょう。